小児救急電話相談-携帯電話プッシュ回線#8000-



ながの子育て家庭優待パスポート

私たちも、あっぷるひろばを応援しています
あっぷるひろば設置-災害用伝言板-

 あっぷるひろば > 1~3歳児 > 三つ子の魂百まで







「三つ子の魂百までも」は、3歳ごろまでに受けた教育によって形成された性質・性格は、100歳になっても根底は変わらない、という意味です。
正確に3歳までかというと議論の余地がありますが、幼児の時期に人格を形成する基本ができあがるというのは本当です。
事実であり、科学的にも証明されている事実です。

この生まれてからしばらくの幼児期は、人の心(共認回路)を醸成していくうえで大事ということ。
成長するにつれて、身体も観念も現実社会の中で変わっていくのは当たり前ということ。

この三つ子の魂の基礎性格は、木々でいえば『木の根』。
私たちは、その木の根ならぬ性格の根っこを土台(元)に、日々の生活を重ねながら、今の性格を築いているわけで、そういう意味からも、この根っこは、とても大事なのです。

「3歳までに大切なことを身につけさせねばならない」と、一種の恐怖観念にとらわれて、やれ3歳までにしつけねば、3歳までにいい性格にしなければ、3歳までに…と、しつけや教育にやっきになっている人も多いはず。3歳までの子育てが大切な理由に、脳の発達に関係するニューロンの数が1歳でピークを迎えるからという事が上げられます。

成人レベルになると、その数はピーク時の2/3程度まで減るようです。脳のネットワークを作り上げる働きは、この乳幼児に最もさかんなのです。

3歳になる前に両親間の家庭内暴力を経験した子供は、小学生になると乱暴でいじめっ子になる可能性が高くなる。
そんな興味深い調査結果がアメリカで発表されました。 親としてできる事は…その結果を出す為に必要な過程です。
良い習慣を作ってあげる事ではないでし事ではないでしょうか…できるだけの。できるだけの育児環境と愛情を子どもに与えられるのは、与えられるのは親だけです。

三つ子の魂は本能的な働きですから、いわゆる知的な作用は受けていないと言われています。知的な作用をつかさどる脳の皮質は満3歳ごろから活動しやすくなります。
1~2歳の時の心の傷は、その後治ったようにみえるが、思春期に再び燃え上がる事が少なくないようです。
したがって反抗心や嫉妬心など、心の傷を深くしないよう細心の注意を払って育てたいと思うものです。

3歳までにいちばん大切なことは、子どもに安心感を与え、自分はこの世の中に、生まれてきてよかったんだ、周りは自分を大切にしてくれるんだ、という、基本的信頼感、自己肯定感を育むことなのです。




長野県の育児・子育て情報を配信♪