ようこそ ゲスト さん








あっぷる会員とは?




小児救急電話相談-携帯電話プッシュ回線#8000-

私たちも、あっぷるひろばを応援しています



ながの子育て家庭優待パスポート

あっぷるひろば設置-災害用伝言板-


掲示板


小学生を狙う犯罪は後を絶ちません。
既にご存知かと思いますが、長野県警察が、子どもたちの安全のための対策や活動をしてくれています。
「ライポくん安心メール」の配信によって、県内の小学生を狙った犯罪や、犯罪未遂をタイムりーに知ることができます。

子どもが犯罪に遭う機会を減らすには
・子どもに大きな声を出す練習をさせておく。
・防犯ブザーを定期的に点検し使い方を熟知させ、見えるように持ち歩かせる。
・子どもが通る道に防犯灯やセンサーライトを設置し、明るくする。
・登下校時に合わせて、地域の人が外に出て子どもを見守る。
・不審な人には近づかない、余計な返事はしない等の対応訓練をしておく。
などが大切です。

(長野県警ホームページより抜粋)




・子どもを狙う不審者
・お菓子、おもちゃを買ってあげるからおいで
・ゲームを一緒にやらない?一緒に遊ぼう
・学校(家)まで乗せていこうか?
・○○さんのお家(○○駅)を教えて、一緒に行ってくれないかな?
・子猫、子犬を一緒にさがして(見に行こう)
・お母さんが事故に遭ったから一緒に来て
などと言葉巧みに子どもを誘ってきます。


・いきなり下半身を見せる
・「声を出すな」などと脅す
・カメラ付携帯電話などで写真撮影をする


・車に乗せようとする
・車から声をかけたり、手招きし、乗せようとする
・車から降りて待ち伏せし、突然腕などをつかむ
・ずっと、後を追いかけてくる
・近づいてきて、体を触ったり、追い越しざまにスカートをまくったりする
・後をつけて来て、人通りの少ない場所で連れ去ろうとする


など、特に女子児童の下校時の通学路は要注意です。





尚、長野県警は、以下の「イカのおすし」という、子どもたちの身を守る指導を広めています。

イカのおすし
イカ(行かない)知らない人についていかない。
の(乗らない)知らない人の車にのらない。
お(大声を出す)手をつかまれたり、車に連れ込まれそうになったら、おおごえで助けを求める。
す(すぐ逃げる)危険を感じたら、すぐに近所の家やお店に逃げ込む。
し(知らせる)何かあったら家の人にしらせる。

クラブ活動などで帰宅が遅くなるときは、家族が迎えに行きましょう。
犯罪の多くは、日没後に発生していますので、クラブ活動などで帰宅が日没後になるときは、ご家族が学校や駅まで迎えに行きましょう。>

それでは、危険な目に遭いそうになったら、どうすればいいか・・・?

通学路には、「こどもを守る安心の家」の看板のある家や施設があったり、「こどもあんしんの車」が走っていたりします。
そこに駆け込んで助けを求めたり、車を止めて助けを求めたりしましょう。

(長野県警ホームページより抜粋)


「こどもを守る安心の家」とは

「こどもを守る安心の家」の看板

登下校時における児童を守るために、小学校の通学路にある一般住宅、コンビニ、商店等に協力をお願いして、子どもに緊急事態が発生した際の保護と警察への通報、不審者(車)を見かけた場合の警察への連絡等をお願いしてある場所です。

「こどもを守る安心の家」には、看板が掲出されています。

右の看板や旗が目印です→

「こどもを守る安心の家」として、協力している施設が県下にあります。

ヤングファラオ 長野市高田字久保1174 026-221-2356
スポルトピカデリーボウル 長野市田町2129番地 026-233-3176
アルピコボウル篠ノ井 長野市篠ノ井会字荒屋沖47-1 026-292-3211
上田プラザボウル 上田市国分1000 0268-27-8139
佐久プラザボウル 佐久市長土呂1183-1 0267-68-0666
軽井沢プリンスボウル 北佐久郡軽井沢町軽井沢 0267-42-1133
アルピコボウル豊科 南安曇郡豊科町大字豊科5567-3 0263-72-3509
アルピコボウル城山 松本市蟻ケ崎1-6-21 0263-35-5700
ニューハイボウリング諏訪 諏訪市高島3-1415-1 0266-52-2202
スポルト岡谷 岡谷市中央町2-2-1インフプラザアミューズメント2F 0266-22-9990
アストロボウル 飯田市主税町20 0265-23-4611
新飯田オークラボウル 飯田市東中央通3297-1 0265-23-3619

「こどもあんしんの車」とは
各協力企業等は、営業車で学校付近を巡回中、不審者(車)を発見した場合の警察への通報や、子ども・女性が助けを求めてきた場合の車内への救護などの活動を行い、警察と相互に連携して、子どもを犯罪から守る防犯対策を促進しています。
「こどもあんしんの車」には、長野県警察マスコット「ライポくん」や、「こどもあんしんの車」等と書かれたステッカー(各協力企業等によって違います)がついています。 >

親の目の届かない場所、学校の管轄外の場所などは特に危険と隣り合わせです。
幼少期の危険な体験はトラウマとなり、その後の成長に大きな影を落とす事にも成りかねません。
日頃から、こども自身でも危険を回避できる知恵を、大人が教えていく事も必要な事だと思います。