小児救急電話相談-携帯電話プッシュ回線#8000-



ながの子育て家庭優待パスポート

私たちも、あっぷるひろばを応援しています
あっぷるひろば設置-災害用伝言板-

 あっぷるひろば >【あっぷるひろば特集】家族みんなで山ドライブへ行こう!






甲信マツダ長野本店でCX-5に乗って出かけよう!
2年連続キッズデザイン賞を受賞した、マツダの真骨頂~これなら安心!

甲信マツダ長野本店は今年3月25日に新しいショールームが完成しました。
スタイリッシュなマツダデザインのショールームで、本日のドライブ、「CX-5」の試乗打合せです。「CX-5」は、2年連続「キッズデザイン賞」(こども視点の安全安心デザイン 一般部門)を受賞しました。子どもが車酔いしにくい車、夜間でも運転者が子どもを視認しやすくするヘッドライトなど、子どもの乗り心地と、子どもの安全にこだわって完成した車です。さらに、匠塗というソウルレッドプレミアムメタリックの鮮やかさと深みのあるレッドがとても美しいです。今回この車でのドライブするのは、カサイパパ・ママと、ゆうはちゃん(3歳)のファミリーです!!

1.「奇蹟の大樹」大峰高原七色大かえでを観に行こう~!
池田町の大峰高原入口にある七色大カエデは、毎年10月上旬から徐々に色付き始め、中旬から11月上旬には七色のグラデーションに変化をみせる。NHKの朝の連続テレビ小説「おひさま」の舞台となりました。
終戦直後、戦後の食糧難を打開すべく、この地にやって来た開拓団の人々が開墾中、この大樹だけは抜根できず切り株だけが残りました。水利のないこの地では畑作が適わず、開拓団はこの地を去ります。時を経て、昭和40年代、この地に牧場を開こうとした者が発見した時には、切り株から枝幹が伸び、自然にしか作り得ない造形美があったというのです。

住所: 池田町 大峰高原
アクセス: 安曇野ICから 25km 50分

2.おいしいランチに「いただきます。」
落ち葉とたくさ~ん遊んだからお腹すいたよね。パパとママと一緒に食べるランチはおいしいね~。

3.ファーストミュージアムとしての安曇野ちひろ美術館
長野県の母子手帳のイラストでおなじみの「いわさきちひろ」は、こどもを生涯のテーマとして描き続けた画家です。
松川村にある「安曇野ちひろ美術館」は、床や壁なども地元産の材料にこだわって建築された建物で、自然と調和した美しい施設です。
展示室の入口には、大きなちひろの作品と記念撮影ができるスポットがあります。現在は、ちひろの代表作である「ぶどうを持つ少女」が飾られています(11月30日まで・展覧会にあわせて作品は随時交換) 。「絵本の部屋」には3000冊の絵本がそろっていて、ゆっくり読めるようになっています。又、至る所にくつろげる椅子が置かれ、季節の山や風景を心行くまで眺めることができます。
小さなお子さんも、パパやママも安心して来館できることから、あかちゃんが初めて訪れる「ファーストミュージアム」としてもおすすめの美術館です。 一度、ちひろの作品や安曇野の美しい自然に会いに行ってみてはいかがでしょうか?

住所: 長野県北安曇郡松川村西原3358-24
TEL: 0261-62-0772
アクセス: 長野自動車道安曇野ICから車で30分

※冬期休館中(2015/12/1~2016/2/29)



CX-5でのドライブをしたパパの感想
今、マツダのプレマシーに乗っていますので乗り比べての感想です。
すべてがプレマシーにはない機能が付いていましたので、すべてに感動でしたが、中でもサイドミラーに左右後方に車がいるかどうかを知らせるライトが素晴らしいと思いました。帰りは高速で使用しながら帰宅しました。
斜線変更時に目視はもちろんですが、お知らせライトがあると安心して後方確認できました。
今回は山道企画でしたので坂道を走行しましたが、プレマシーに比べ、上り坂の時も上りと感じない走りでした。
また、車高がプレマシーよりも高いので走行時に浮いてる様な感覚や、ゆらゆらするのかと思っていましたが、まったくそのような事もなく、安定感が最高でした。


今回ご協力して頂いた 甲信マツダ長野本店
美しく、安全な「CX-5」のドライブはとても楽しい時間でした。お陰様でゆうはちゃんも車酔いせずに無事に帰って来れました。
洗練されたマツダデザイン「CX-5」の、乗り心地とデザインのクオリティに大満足です。お子さんが乗るからこそ、特に安全を優先したい。でも機能や性能、フォルムやデザインにもこだわりたい。そんなわがままを叶えてくれる車です。
甲信マツダ長野本店のスタッフの方々ありがとうございました。

長野県の育児・子育て情報を配信♪